更年期に効くサプリ

つらい更年期障害には、サプリメントもかなり有効です。
様々なサプリを調査して分かったホントに更年期に有効なサプリを解説します。
「まだ病院に行くほどではない」「病院での治療に抵抗がある」という方の参考になれば幸いです。

更年期に効くサプリ

更年期に効くサプリをお教します。

 

まずは知ってください。更年期とは?

知っている方は読み飛ばしてください。基礎の基礎です。

女性特有の体の働きは卵巣から分泌される女性ホルモン、とくに卵胞ホルモン(エストロゲン)によって支配されています。更年期はこのエストロゲンの分泌が40歳頃より急激に減少することによって起こります。エストロゲンの分泌をコントロールする脳の視床下部がいくら分泌の指示を出しても、衰えた卵巣からエストロゲンが分泌されず、脳が混乱します。視床下部は自律神経もつかさどっているため混乱が自律神経にも伝わるという仕組みです。

ちなみに日本人の閉経の正常範囲は45歳から56歳で、平均閉経年齢は51歳です。40歳頃から身体の不調を訴える方が増えるのは、このエストロゲンの急激な減少のためです。40歳ごろから50代中盤までの約15年間、さまざまな不調が襲ってきます。当然個人差があり、過去に過度なダイエットをした経験があると30代でも更年期に苦しむ場合もあります。

更年期治療のリスク

早いと30代から更年期で悩む方もいます。

更年期の症状とは

更年期障害は不定愁訴と呼ばれるように、いろいろな症状があり程度には個人差があります。また複数の症状があるのが普通です。ただエストロゲンの分泌が減っただけでこんな症状まで起こるのか、と初めは皆さん信じられないことが多いのです。動悸が激しくなったり、物覚えが悪くなったり、ホルモンと関係の無いような症状も起こります。

主に、のぼせ(hot flash)、ほてり、冷え症、発汗異常、動悸、めまい、うつ状態、イライラ感、不眠、頭痛、手足のしびれ、蟻走感(ぎそうかん)、関節痛、むくみといった症状があらわれます。たまに激しい動悸に襲われ、生命の危機まで感じる方がいます。まさか更年期でそんなことが起こるなんて信じられないという感想を聞きます。こういうときに慌ててMRIを撮っても原因が分かりません。
が、こういった症状は、エストロゲンの不足によって視床下部が刺激され自律神経が失調してしまうことで引き起こされているのです。

症状ごとの対策はこちら≫≫6タイプの更年期症状対策

更年期にはエストロゲンか?

更年期の治療リスク

更年期障害の治療法として、エストロゲンの投与が行われるようになってきました。ホルモン補充療法と呼ばれています。しかし、この治療方法にはリスクがあることをご存知でしょうか

閉経後女性にエストロゲンを単独で投与した場合、子宮内膜ガンの発生率が約2倍になったという報告があります。また、エストロゲン投与の期間が長くなると、乳ガンの危険性が増加します。そのため医療機関からエストロゲンの投与を行っている間は子宮内膜細胞診と乳ガン検診を定期的に受けるよう指導されることがあります。

医療機関はホルモン補充療法は「もう安全な治療法だ」「リスクが減った」と言います。ですが、まだまだ恐れている方が多いのも事実です。

サプリにはリスクが無い

自分の身体のことです。納得のいく方法を見つけてください。

サプリメントにはリスクが無い

ではリスクを避けるためには、更年期はひたすら我慢するしかないのでしょうか?
実は、更年期の改善には自律神経系、内分泌系のバランスを整えてくれるサプリメントが非常に有効なのです。医薬品ではないので、すべての方に同じように効くとは言い切れませんが、改善例も多く、積極的に取り入れている医療機関もあります。

そもそもホルモン補充療法が使えない患者さんも多く存在しているのです。過去に乳がん経験があったり、肝障害があったりする場合はホルモン補充療法が行えません。その場合、医療機関でもサプリメントの処方をしたりします。

サプリには医薬品には無い良さが2点あります。
1.副作用がない点
2.処方箋がなくても手に入る点
です。とくに忙しい女性にとって通院せずに手に入るサプリメントはありがたい存在です。

更年期に有効なサプリはコレ

更年期に有効なサプリは「プラセンタ」「漢方系」です。

どんなサプリが更年期に有効か?

今、更年期対策で注目されているのは『プラセンタ』や『漢方系のサプリメント』です。

プラセンタとは胎盤のことです。
漢方ではプラセンタは「紫河車(しかしゃ)」と呼ばれています。古来より肝、腎に 働き、精を補い、血を養い、気を増すとされています。プラセンタのサプリメントは馬や豚の胎盤を使ったものがメジャーです。胎盤から有効成分だけを抽出して粉状にしたものをカプセルに詰めています。

また、漢方系のサプリとしては高麗人参や田七人参を使ったものや、マカなど数種類の生薬を配合したものがあります。

どちらも更年期でくるってしまった体内の自律神経系、内分泌系の整え、穏やかにしてくれます。体質に合えば、短期間で症状が緩和したり、いつの間にか症状を忘れて生活している、なんてことが起こります。

 

更年期の症状に効くサプリを教えます。

当編集部で数多くのサプリを実際に飲んでみた結果、きちんと効果を感じることができた実力派サプリメントをお教えします。

事情があって医薬品が飲めない方、医薬品に頼らずに自然に更年期の症状を改善したい方にはとても有効です。サプリの良さは副作用を全く気にせずに毎日飲めることです。

実力NO.1
母の滴プラセンタEXバージョン5母の滴プラセンタEX
・2017年1月に一番売れたプラセンタ
・最高級のスーパープラセンタだけを使用
・編集部で6ヶ月飲んだところ、更年期に起こる突然のホットフラッシュが驚くほど緩和しました。症状が出てから急いで飲んでも緩和できました。
容量:60粒入り(30日分)
価格:4,860円(税込)
送料:162円
【期待できる効果・作用】
自律神経調整作用、ホルモンバランス調整作用、美肌効果、血行促進作用、代謝向上作用など。
詳細はこちら≫≫母の滴プラセンタEX

 

漢方サプリです。高麗人参より効果の高い田七人参98%のサプリです。
実力NO.2
白井田七白井田七
 ・高麗人参の7倍のサポニンを含有
・無農薬栽培された田七人参がたっぷり98%配合
・血の巡りを良くしホルモンを調節する力があります。
・編集部で3か月間飲んだところ、むくみ、めまいに効果的でした。脳みそに膜が貼ったような感じが緩和しました。

容量:120粒入り(30日分)
通常購入6,480円、定期購入3,980円
送料:無料 ※定期購入は即解約可能な縛りが無いタイプです。定期購入して様子を見た方が断然お得です。
【期待できる効果】
更年期の症状である、貧血、冷え性、肩こり、むくみ、偏頭痛、めまい、動悸、しびれの解消に効果を発揮します。
詳細はこちら≫≫更年期に白井田七

 

しっかり効果を実感したい方に。しっかり研究されてます。
実力NO.3
発酵キレイ・デ・プラセンタ発酵キレイ・デ・プラセンタ
・世界初の発酵馬プラセンタ配合
・発酵により有効成分の配合が4倍以上にUP。
・編集部で1か月間飲み続けたところ、イライラ緩和にとても強い力を発揮しました。今日はなんかイライラするなという日、その日に2粒飲むとイライラを忘れています。
容量:30粒入り(30日分)
初回定期購入1,980円(税込)、2回目以降4,980円
通常購入5,980円
送料:無料 ※定期購入は縛りがない即解約可能なタイプです。初回が安いので定期で申し込んで、体質に合わない場合は解約してください。
【期待できる効果】
自律神経調整作用、ホルモンバランス調整作用、美肌効果、血行促進作用、代謝向上作用など。
詳細はこちら≫≫発酵キレイ・デ・プラセンタ

 


更年期サプリの基礎知識

どれを選べばいいのでしょうか?

更年期に効くサプリメントは種類が増えました。

選ぶのに迷うほど多くの種類が販売されています。名前を聞いたことがある大手メーカーのものから、初めて聞くような健康食品に特化したメーカーなど様々です。
更年期対策のサプリメントは特徴によって4つに分類できます。

1.プラセンタ
2.女性ホルモンの直接摂取
3.漢方系
4.エクオール

詳細を解説します。

1.プラセンタ

母の滴プラセンタEXの中身

プラセンタサプリ

更年期症状の原因はエストロゲンの減少です。このエストロゲンの減少に対して、エストロゲンを作る器官に働きかけ、サポートするのが「プラセンタ」です。プラセンタによってエストロゲンを作る力が戻れば効果は非常に長く持続します。プラセンタ製剤の「メルスモン」は更年期障害に対する保険適用の薬剤です。

 

2.女性ホルモンの直接摂取

基本のサプリ

イソフラボンサプリ

体内で女性ホルモンのエストロゲンと同じような作用をする『エストロゲン様物質』。これを直接摂取する方法もあります。それが「イソフラボン」です。またイソフラボンの1000倍の力を持っているのが「プエラリア」です。実は「イソフラボン」は50%の確率で機能しません。後述する「エクオール」の部分で詳細をお教えします。

また「プエラリア」によってエストロゲン様物質を直接摂取する場合は注意が必要です。体内のホルモンバランスを完全に乱してしまう可能性があるからです。プエラリアは作用が強力なため、生理前後は飲まないようにコントロールする必要があります。エストロゲンの分泌が減る時期にエストロゲン様物質を大量に摂取すると、身体が混乱しホルモンバランスが崩れてしまいます。

 

3.漢方系

白井田七

漢方サプリ

ホルモンの調整をする作用があるのが漢方系の「マカ」「田七人参」「高麗人参」です。男性の精力剤的なイメージがありますが、女性にとっても精力剤的な効果があります。すなわち卵巣の活動をサポートし、エストロゲンの分泌を促すのです。更年期症状の改善に効果があることが報告されています。

※マカにご注意を
マカを使った更年期対策の商品が増えています。しかし「マカ」にだけは注意が必要です。安価な原料であるはずのマカが、サプリになったとたんに高額で販売されているからです。有機栽培の最高品質のマカでも1㎏あたり3,000円程度の取引価格です。そのマカを20gも含有していないサプリが堂々と2,980円で販売されたりしています。この場合のマカの原価はわずか60円です。50倍の価格ですね。

 

4.エクオール

エクエル

エクオールサプリ

更年期対策サプリで最近数が増えているのが「エクオール」です。
大手の大塚製薬などもエクオールの健康食品を販売しています。「エクオール」とはイソフラボンが腸内細菌によってエストロゲン様物質に変化したものです。だから、「イソフラボン」をいくら摂取しても、腸内でエクオールに変化しなければ女性ホルモンの作用はないのです。このエクオールを作る力は日本人の50%にしかありません。50%の人が「イソフラボン」を摂取しても効果が無いという訳です。

だから、イソフラボンの代わりに「エクオール」を直接摂取できるサプリメントが増えているのです。「エクオール」であれば、誰にでもエストロゲン様作用が望める訳です。ただし、エクオールの強さ(活性)はエストロゲンの1000分の1程度と弱いので、即効性を望めるものではありません。

 

このような理由で、

「プラセンタ」「田七人参」「高麗人参」「エクオール」は更年期対策のサプリとして優秀です。「プエラリア」は強い効果がある反面、扱いが難しい。「イソフラボン」は50%に人にしか効かないというマイナスポイントがあります。「マカ」は健康食品会社のひどい商習慣の犠牲者です。

当編集部でいろいろ試した結果、
プラセンタが一番効果を実感しました。
ホットフラッシュに対して即効性も体感しています。
≫≫母の滴プラセンタEX

 

次のページ
≫≫更年期障害の特徴と病院での診断とは